動画サイトを見ることは違法なのか

著作権法が2012年10月1日より改正されたことは,インターネット上で騒がれていたので,ご存知の方が多いかと思います。

その内容は,違法ダウンロードの刑事罰化です。

この法改正より前は,違法にアップロードされていた音楽や映画を自己のパソコン等にダウンロード(具体的には,デジタル方式による録音または録画)しても,私的利用目的であれば,民事上の責任を負うだけで,刑事罰まではありませんでした。

しかし,平成24年10月1日以降は,この行為も刑事罰化されたのです。

昨今の音楽業界の不況を考えれば,これくらいの規制をしないと違法ダウンロードによる損失が軽減しませんので,やむを得ない法改正だと思います。

ですから,みなさんも,1曲だけ…というような軽い気持ちであっても,違法にアップロードされたインターネット上の音楽等をダウンロードはしないようにしましょう。違法だからというよりも,一生懸命曲を作って,発売しているアーティストたちのことを考えるとよいかもしれません。

また,適法にアップロードされたサイトには,「エルマーク」というものがサイト上にあるようですが,ないからと言ってすべてが違法であるとは限らないようです。詳しくは,文化庁のホームページをご覧ください。

ちなみに,動画サイト等で音楽を聴いたり,映像を見たりするときに,パソコン上に,キャッシュとして閲覧速度向上等のために一度保存される仕組みになっておりますが,これは著作権侵害には当たらないとされていますので,現在のところ大丈夫なようです。これも文化庁のホームページで説明されております。

つまり,現状,動画サイトを単に見るだけでは,違法とはならないことになります。

ただし,文化庁の見解がすべてであるわけではなく,警察やその他の機関の解釈もあり得るので,今後の運用が変わる恐れは高いです。

したがって,しばらく動向を見守るべきでしょう。

そうはいっても,この改正は,大多数の人々に対して影響を及ぼすので,何十,何百というように,よっぽど悪質なダウンロードをしない限り,逮捕されるに至るようなことはないものと考えられます。